ヘンリー

Heng Li最短時間で元本回収後、定期的な領収書申請で利益を複利化

投稿日:2020年11月16日 更新日:

現在のところ考えられる、最強なフルマネーキャッシュバックのシミュレーションをしてみました。(紹介報酬なし)

(注)紹介報酬を得ることがより最強なのですが、それがない場合の最低限のシミュレーションになります。実際はシミュレーションよりももっと領収書申請したくなり、現実とずれるかもしれないので参考データとして考えてください

前回までの調査にて定期的な領収書申請による特徴は以下の通りです

「領収書を定期的に申請すると元本回収が遅くなるが、回収後の利益は複利的に増加する」

この特徴の欠点を回避して、長所を生かすために以下の方法でフルマネーキャッシュバックを利用した場合を考えてみます。

(1)大きな領収書額を申請

(2)元本回収まで待つ

(3)元本回収後、定期的に領収書申請

(4)例えば毎月、領収書申請

 1回の領収書申請額
 =毎月「私のポイント」x 月利(2.1~3%) x A
Aは1以上。この数字が大きいほど、複利率が大きくなりますが、毎月の負担も大ききなる数字です。

ここではA=3とします。

月利2.1%のシミュレーション

以下に月利2.1%の場合のシミュレーションを示します。
月利が大きいと元本回収期間や初期投資回収期間は短くなります。

初期投資:1000ドルの場合(月利2.1%)

完本回収期間  =0.58年
初期投資回収期間=3.8年
初期投資回収後も定期的な領収書申請を継続すると利益は複利的に増加する。

初期投資:3000ドルの場合(月利2.1%)

完本回収期間  =0.58年
初期投資回収期間=2.1年
初期投資回収後も定期的な領収書申請を継続すると利益は複利的に増加する。

初期投資:6000ドルの場合(月利2.1%)

完本回収期間  =0.58年
初期投資回収期間=1.5年
初期投資回収後も定期的な領収書申請を継続すると利益は複利的に増加する。

月利3%のシミュレーション


初期投資:6000ドルの場合(月利3%)

完本回収期間  =0.44年
初期投資回収期間=1.1年

初期投資回収後も定期的な領収書申請を継続すると利益は複利的に増加する。増加の割合は月利が大きいほど大きくなる

まとめ

これまでの内容をまとめると以下のことが言えます。

●元本回収期間は初期投資額には依存しない
●元本回収期間は月利が大きいほど短くなる
●初期投資額が大きいほど初期投資額回収期間は短くなる

シミュレーション用エクセルシート

このシミュレーションを行ったエクセルシートは下記からダウンロードできます。
https://drive.google.com/file/d/1SYlhdH2Yuarcnpd57LTUX92K1MkBbqXJ/view?usp=sharing

-ヘンリー
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Heng Li(ヘンリー)HLCが増えない場合確認すること

領収書申請などをしてヘンリー「私のポイント」がたまっているにも関わらず、HLC(ヘンリーコイン)が思ったように増えない!という場合、確認するべきことを2点紹介します。 毎日の報酬【HLC】 HLC(ヘ …

投資のリスク

ヘンリーのフルマネーキャシュバックは投資案件てす。 海外の投資案件は、日本よりリターンが大きいことがよくあります。 リターンが大きい投資はリスクも大きくなります。 ヘンリーの事業体を知ることで、他の海 …

中国の今~中国No1清華大卒日本人が語る本のご紹介

ウィンザーマスターやヘンリーモールを利用していてなんとなく思うところがあります。 「あれ?中国って凄くね?」「中国ってどうなってんの?」「人口多くってまーまー富んでる?」 みたいなイメージを持っていま …

「Heng Liが報酬をキチンと出せる理由を中学生でもわかるように説明してみた」

はじめに 内容がとてつもない領域の話なので、確認しながら、間違っていたら、随時更新していきます。 ヘンリーを紹介するときに、ヘンリーの資金調達の説明を如何に簡潔に正確にわかりやすく説明するにはどうした …

HengLiフルマネーキャシュバック初回チャージするだけで利益を加速する方法「ゴマレバ」

前回の「ヘンリー1000ドル投資のみで効果的に利益を得る一例」にてフルマネーキャシュバックを効果的に使う方法を紹介しました。 これを作りながら、思いついた更に効果的な、フルマネーキャシュバックの運用方 …