ヘンリー 仮想通貨

【HengLi】USDT購入方法~ビットバンク、バイナンス編

投稿日:2020年12月4日 更新日:

ヘンリーで入金するUSDT

現在のところ、ヘンリーアプリのウォレットに入金できる通貨はUSDTという暗号通貨(実際は暗号資産とかかつては仮想通貨とか呼ばれますがここでは暗号通貨と表現)です。

USDTとは、1 USDTが常に1米ドルになるように価格が一定になっている暗号通貨です。

USDTと一口に言っても、様々な種類がありますが、ヘンリーではUSDTの

ERC20(EthereumのUSDT)

を利用します。

ヘンリーアプリ内ではUSDT-ERC20と表記されています。

その他、下記のような様々な紛らわしい種類が存在します。ヘンリーでは利用できませんので、間違って扱わないようにしてください。(ヘンリーへのUSDT送金時に注意する)
OMNI(Omni Layer)
BEP2(Binance Chain(BNB))
BEP20(Binance Smart Chain(BSC))
TRC20(Tron(TRX))

日本でUSDT-ERC20を直接購入することはできません。

一旦、日本の暗号通貨取引所で多くの取引所が扱っている暗号通貨BTC,ETH,XRPなどいずれか1通貨を購入して、海外の暗号通貨取引所で変換するのが一般的です。

この記事ではスマホ上で、以下の取引所を使ってBTC(ビットコイン)経由でUSDTを購入し、ヘンリーに送金する方法を説明します。

  • 日本の取引所ビットバンク(bitbank)
  • 海外の取引所バイナンス(Binance)

おおまかな流れ:

(1)日本円でBTCを買う
 (ビットバンクにて)

(2)BTCを送金する
 (ビットバンクからバイナンスへ)

(3)USDTでBTCを売る
 (バイナンスにて)

(4)USDTをヘンリーウォレットに送金する
 (バイナンスにて)

日本円でBTCを買う(ビットバンクにて)

ビットバンク(アカウント)新規登録

ビットバンク(bitbank)にてアカウントを持っていない場合はこちらからアカウントを登録する(最初の一回のみ)

ビットバンクの登録はこちら

登録直後にログインを促される場合は次のビットバンクで、ビットバンクにログインする


ビットバンクのログインはこちら

登録後はセキュリティ設定で、後述する2段階認証を有効化させます。

電話認証、その他の認証は無効しておくことで、取引がスムーズに行なえます。

セキュリティー設定

本人確認

アカウント登録後、ログインすると、最初に本人確認を行います。本人確認の方法については以下2段階認証登録といっしょに詳細を説明します。

2段階認証設定

取引所などに入金されている暗号通貨のハッキングリスクを極力抑えるために2段階認証(2FAとも呼ばれます)と呼ばれる本人確認を行うことが一般的です。

ビットバンクでも2段間認証を行うことで、あなたの資産をまもってくれます。

ここで、覚えておいてほしいことが一つあります。

2段階認証では、スマホの「グーグル認証」というアプリを使います。

この「グーグル認証」にビットバンクが発行する専用のコードを入力することで、ビットバンクのログイン、出金などに必要な2段階認証を利用することができます。

ビットバンクが発行する専用のコードは1回しか表示されません。必ず、「バックアップとる」ようにしてください

バックアップをとりわすれた場合、以下のような場合に2段階認証ができなくなります

  • スマホを買い替えしたとき
  • スマホをなくしてしまったとき

2段階認証利用のためのコードを再発行可能なので、バックアップし忘れたのを途中で築いたら再発行して、バックアップをとってから「グーグル認証」アプリに再登録してください。

再登録したら、再登録する前のグーグル認証コードは利用できなくなるので削除してください。

「グーグル認証」アプリは、Playストアやアップルストアでインストール可能です。

この画面はPlayストアで「グーグル認証」と検索すればでてきます。既にダウンロードした後の画面です。

ダウンロードしていない場合は、[ダウンロード]ボタンが表示されるので、そこをタップすることで、ダウンロード可能です。

その後は取引所事で1回発行されるグーグル認証登録用のQRコードか文字コードをグーグル認証アプリに登録することで利用可能となります

左の画面の「+」マークをタップすることで、取引所が1回だけ発行するグーグル認証登録コードを入力てまきます。

中央の画面で、QRコードかテキストコードを選択します。

右側の画面のアカウントはどの取引所かを判別できるような任意のコメントを入力します。

下の時間ベースはオンにして下さい

2020/12/5現在、画面が少し変わっていますが、「+」で登録して、アカウントで取引所がわかるコメントを記入し、時間ベースを使うような選択をして下さい

2段間認証設定の詳細方法を以下に示します。(本人認証含む)

ビットバンクでBTCを買う

ビットバンクでBTCを買う方法については、以下を参照ください。

BTCを送金する(ビットバンクからバイナンスへ)

バイナンスアカウント登録

バイナンスのアカウントをもっていない人はアカウント登録が必要です。

バイナンスの登録はこちら

登録画面に遷移したらメールアドレス、ログインパスワードを記入します

以下のメニューからセキュリティを選択して、グーグル認証設定(2FA)や身分証を本人確認を行います

セキュリティ設定が済んだら、スマホのアプリをダウンロードして、以降の操作をすることが簡単になります

ビットバンクからバイナンスへBTCを送金

ビットバンクからバイナンスに送金するには、まず、バイナンス側で受けとる送金先アドレスを調べて、メモをしておきます。

バイナンス側で受けとる送金先アドレスを調べる方法を以下に説明します。

バイナンスのアプリを起動して、下段、一番右のアイコンを選択して「Dposit」をタップします。

次の画面の検索窓に「BTC」と記入します

「BTC(bitcoin)」をタップします

□で囲んだ「copy address」をタックすることで、バイナンスへのBTC送金アドレスがコピーされます。これをメモ帳などに張り付けておいてください。

ビットバンクにもどってメニュー(□部分)をタップします。

「出金」をタップします。

このような画面がでます。
ビットバンクでは、出金先のアドレスを登録しておき、その後、登録名(ラベル)を指定する形で出金先アドレスを選択します。
この登録をするために「アドレスを追加する」をタップします

新規追加をタップします

ラベル(アドレス登録名)、ビットコインアドレス(出金先)、2段階認証コード(グーグル認証を起動してビットバンクの認証コードを張り付けます)を設定したら「追加する」をタップします

〇印をタップすると先ほど登録したラベル(出金先アドレスが登録されているもの)が選択できるようになっているので、それを選択します。(「ビットバンクからバイナンスへ」選択するとそれが表示されます。図では別名のラベルが出ていますが無視してください)
引き出し数量(出金するBTCの量)を指定して、「引出内容を確認」をタップします。

ログインアカウントがメールアドレスになっていると思います。そのメールアドレス宛に以下のようなメールが届きます。□部分のURLをタップすることで、出金が開始されます。

ビットバンク→バイナンスの出金(送金)ならば早くて30分、おそくて数時間で送金が完了します。(送金量や混雑度にも依存するかもしれません)

USDTでBTCを売る(バイナンス)

BTCを売って、その対価ちしてUSDTを受け取ります。こうすることで、ようやくあなたはUSDTを得ることができます。

USDTを得るために、バイナンスウォレット内のBTCをUSDTで売ります。

この方法を以下に示します。

バイナンスアプリ下段左から3つ目の「Trades」アイコンを選択します

赤い□で囲んた所をタップします。

検索窓下の「BTC」を選択して、検索窓に「BTCUSDT」と書き込み、下に表示された「BTCUSDT」を選択します

□で囲んた「Market」を選択します

□で囲んた部分にUSDTに変換したいBTCの量を指定して「Sell」をタップします

□枠下の100%を選択すると、バイナンスウォレットにあるBTC全額が自動的に表示されます

全額でなく、一部分を指定したい場合以下の式で計算した量のBTCを指定します。

(変換したいUSDT)/(BTCUSDT価格)

例 100USDTだけ変換、BTCUSDT価格が10000ドルの場合

100/10000=0.01BTC

実際にBTCが売れたかどうか獲得するためには少し画面を下にスクールして、□の部分を選択し、右上「Order History」をタップすることにで確認できます。

ウォレット内のコインがどれだけあるのかを確認するには、「ウォレット」→「Spot」をタップします

上の図ではUSDTが116.577….保有していることがわかります

USDTをヘンリーに送金する

バイナンスでUSDTを獲得したら、そのUSDTをバイナンスからヘンリーに送金します。

USDTをバイナンスからヘンリーに送金する前に、ヘンリーで送金先アドレス(ヘンリーのUSDTチャージアドレス)を調べておきます。

ヘンリーのチャージアドレスを選択して表示された「チャージアドレス」の「コピー」をタップするとヘンリーへの送金先アドレスがコピーされるのでメモをしておいてください。

ヘンリーへの送金先アドレスを調べたら、バイナンスのwithdraw(出金)操作でUSDTをバイナンスからヘンリーに送金します。

必ず「ERC20」を指定してください

送金先のヘンリーアドレス、送金金額、「ERC20」を設定して「Withdrawal」をタップすると、電話番号認証とグーグル認証を行うと送金処理が開始されます。

速ければ10分ほどで着金します

以上がUSDTを購入してヘンリーに送る方法になります。

-ヘンリー, 仮想通貨
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Heng Li(ヘンリー)HLCが増えない場合確認すること

領収書申請などをしてヘンリー「私のポイント」がたまっているにも関わらず、HLC(ヘンリーコイン)が思ったように増えない!という場合、確認するべきことを2点紹介します。 毎日の報酬【HLC】 HLC(ヘ …

ヘンリーフルマネーキャッシュバック申請イメージ(1回のみ)

Heng Liフルマネーキャッシュバックの純利益見積方法

Heng Li(ヘンリー)には領収書が全額キャッシュバックされる企画があります。 ヘンリーアプリに(1)領収書のスクリーンショット(2)領収書金額の16%のUSDTを預けることで(1)(2)全額が一定 …

Heng Li効率的な追加領収書申請額計算表~安定収益を確保!

今回はヘンリーの領収書提出によるキャッシュバックの安定収益を確保するための効率的な領収書申請方法を説明します。 ヘンリーのフルマネーバックは領収書1枚申請しただけだと、5年かかっても全額の60%程度し …

Heng Li(ヘンリー)質問コーナー

下記のような要望をお持ちの方へ このブログの記事の質問したいヘンリーがよくわからないけど知りたいヘンリー始めたのはいいけど何したらいいのか知りたいヘンリーの領収書申請の仕組みがわからないヘンリーで何が …

「Heng Liが報酬をキチンと出せる理由を中学生でもわかるように説明してみた」

はじめに 内容がとてつもない領域の話なので、確認しながら、間違っていたら、随時更新していきます。 ヘンリーを紹介するときに、ヘンリーの資金調達の説明を如何に簡潔に正確にわかりやすく説明するにはどうした …