ヘンリー

投資のリスク

投稿日:2021年2月11日 更新日:

ヘンリーのフルマネーキャシュバックは投資案件てす。

海外の投資案件は、日本よりリターンが大きいことがよくあります。

リターンが大きい投資はリスクも大きくなります。

ヘンリーの事業体を知ることで、他の海外投資案件にくらべたら、リスクは低い印象をもちますが、

そんなヘンリーであっても、リスクはゼロではありません。

数年前にコロナで、世界中が大混乱することは、ほとんどの人が想像していなかったと思います。

今後も、人類が経験したことがない予期せぬことが起こらない可能性はゼロではありません。

全く予期せぬことが起こったら、今は大きく利益が得られるヘンリーのフルマネーキャシュバックバックも使えなくなる可能性はゼロではありません。

ヘンリーのフルマネーキャシュバックが使えなくなったら、初期投資額はなくなります。

つまり

16%の預け入れはリスクになることを理解してください。

ヘンリーが100年後も今と変わらず存在するとは思えません。

50年後も怪しいです。

10年後はどうでしょう?

5年後は?

3年後は?

1年後は?

6ヶ月後は?

3ヶ月後は?

1ヶ月後は?

どこで線引きをすればよいかはだれもわかりません。

コロナが今以上に悪化して経済が混乱したら、

その他、予想もつかない悪い出来事が起こって、経済が崩壊したら、

ヘンリーのフルマネーキャシュバックが今より使いづらくなる、或いは、使えなくなる時期が早まる可能性があることを理解してください。

現時点では、ヘンリーの事業は国のバックアップがある案件なので、当面、正常に利用できると考えています。

ですが、永遠には続きません。

もちろん10年もってくれれば嬉しいです。

ですが、いつ何時、悪い事態がおきて、規制がかからないとも限りません。

こういった事態を想定して、投資額は、余剰資金で行ってください。

また、そういったリスクかあるからこそ、できるだけ早くに元本を回収すべきと考えています。

-ヘンリー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HengLi 50%再投資適用時の出金額計算方法

おさらい 以前、ヘンリー50%再投資方法を投稿しました。 url : http://tendenza-jp.com/?p=548 イメージ図 ヘンリーにて、初期投資(領収書申請、又は、HLの有効化)の …

ヘンリーのフルマネーキャッシュバックを「私のポイント」を使わず説明してみました

ヘンリーのフルマネーキャッシュバックの説明でこういった説明があります。 領収書と領収書額の16%のUSDTを預けると、領収書額と16%分の預け入れ額がキャッシュバックの対象となり毎月2.1~3%がキャ …

ヘンリーフルマネーキャッシュバック申請アイコン

Heng Liフルマネーキャッシュバック領収書申請方法

BlockChainオンラインショッピングモール 「Heng Li」アプリ(以下、ヘンリーと書きます。)が2020年10月18日にリリースされました。 ヘンリーには過去買い物した領収書金額の100%を …

ヘンリーフルマネーキャッシュバック申請イメージ(1回のみ)

Heng Liフルマネーキャッシュバックの純利益見積方法

Heng Li(ヘンリー)には領収書が全額キャッシュバックされる企画があります。 ヘンリーアプリに(1)領収書のスクリーンショット(2)領収書金額の16%のUSDTを預けることで(1)(2)全額が一定 …

ヘンリー領収書申請が私のポイントに反映されない不具合対策

ヘンリーで領収書申請を行なうと、領収書額の領収書額の16%が、私のポイントに加算されます。 ところが、稀に私のポイントに加算されない不具合が発生する場合があります。 この記事では、不幸にもこの不具合が …